団体について

A WORLD WITHOUT FOOD LOSS食物ロスのない世界を実現するために

2,320万勿体ない総トンの事実

一般社団法人ジャパン・フードバンク・リンク(以下、「JFL」と言う)は、わが国において、まだ食べられるのに廃棄される年間500万トン以上の食品(以下、「食品ロス」という。)について、全国の食品スーパーマーケットを中心とする流通小売業や食品メーカーから出されるものに注目し、こうしたものがひとつでも多く、確実、かつ、効率的に全国のフードバンクを通じて、より多くの要支援生活者に届けられるように、廃棄する側、フードバンク、要支援生活者の三者を有機的、かつ、効率的にリンク(結び付ける)させる新たなネットワークを全国的に構築し、同じくわが国において、廃棄される食料(食品廃棄物)年間2,300万トン以上にも注目し、「再使用」の代表であるフードバンクだけではなく、「再利用」である肥料化や飼料化、「再生化」であるバイオガス化などを適正処理、資源の有効活用という観点から最適な形でリンクさせる新たな仕組みを創出し、これらをもって日本の食料自給率の向上、及び、食品リサイクル率の向上に資することを目的として、以下の事業を行います。

  • 全国のフードバンクと連携した食品ロスの削減及びフードバンク事業
  • 廃棄した側、フードバンク、要支援生活者のネットワーク構築事業
  • フードバンク事業の推進及び食品ロスの削減に向けた調査・研究
  • 食品廃棄物の再使用、再利用、再生化に向けた調査・研究及びネットワーク構築事業
  • 各種セミナー、講演会及び説明会等の開催
  • 書籍、ウェブコンテンツの企画、制作、出版等に関する事業
 

フードバンク・リンクから
フード・リンクを目指して!!

まずは、フードバンクを
新たなビジネススキームで支援する!!

  • 食品メーカー

    多めの在庫

    規格外品の発生

  • 卸 売

    卸 売

    返 品

    食品ロスの発生

  • 小売店

    販売期限切れ

    商品の定番カット

 

食品メーカー、卸・小売り店での食品ロスを
JFLが全国のフードバンクに!

  • 新商品販売や企画変更に合わせて店頭から撤去された食品(定番カット食品)
  • 欠品を防止すために保有するうち、賞味期限が間近に迫り、販売できなくなった在庫
  • 定番カット食品や販売期限切れ食品等の慣行的な返品
  • 製造過程での印刷ミス、流通過程での汚損・破損などの規格外品
  • 食品メーカーや卸売側から小売店側に提供される食品系販売促進商品

MESSAGE理事長挨拶

理事長 村井 哲之

日本の子供の貧困率は、驚くことに、世界の先進国でありながら16%で、6人に一人が「貧困」ということになります。お腹いっぱい食べることすらできない子供たちがこんなにいるのです。小学校の給食が唯一の食事だという子供もいる!と聞いたことがあります。子供を大切にしない社会は、未来を大切にしない社会だと断言できます。

私たち現役世代は、確実に次なる世代へ「貧困」という負の遺産を引き継ごうとしています。経済的豊かさのみを追求する社会システムが明らかにその欠陥を露呈しているのですが、誰もそこを問題にすることはなく、最も経済的弱者である子供にその圧力がかかっていると思います。心ある人々により、子供食堂が全国に広がり始めています。それと同じように志の高い方々によりフードバンクが生まれようとしています。この運動に私なりに何か出来ないものかと深く考えさせられ、ひとつの決断をしました。

近年、経済学では不平等を問題にする学者がでています。もともと新古典派経済学は、「生産・資本」のみを扱い、「分配」は経済学の領域ではないという立場でした。「分配」は社会学の領域だとの見解です。ところが、クズネッツ曲線どおりに経済的格差は縮小しないことに驚きを感じ、経済的格差の拡大は経済成長率を低下させるのではないかと原因と結果の因果律を逆に捉えるお粗末な学者もいるほどです。

経済成長は格差の拡大をもたらします。そして経済成長は革命的な技術革新がなければ当然に鈍化します。今の日本経済は、まさにこの局面です。技術革新がないのに、経済成長を掲げる政権、当然にして金融緩和以外の手法はなく、行きづまりつつあります。経済成長の結果である格差の拡大を問題として捉える愚かさを隠そうともしません。問題の核心は貧困層の増大です。日本中の頭のいい方々が「生産・資本」だけを取り扱い、「分配」をおざなりにした結果です。

今、最も大切なことは「貧困」の遺伝を断ち切ることです。貧乏な両親のもとに生まれても、子供には十分な機会が与えられなければなりません。機会均等こそ、人間のモチベーションになります。そのモチベーションが今の豊かな社会の原動力になってきたことを私たちは忘れてしまっています。私は、こうした格差社会を止める力は持ち得ません。しかし、私には、出来てしまった格差を一緒に埋めるアイデアとそれを実行してくれる仲間が沢山います。

そして、走りながら考える中で、わが国において、年間500万トンを上回る「食品ロス」をはるかに超えた、2,300万トン以上と言われている「食品廃棄物」の存在に気付き、その(「食物ロス」)撲滅に向けて、「再使用」の代表であるフードバンクや子供食堂との連携強化だけではなく、「再利用」である肥料化や飼料化、「再生化」であるバイオガス化などを適正処理、資源の有効活用という観点から最適な形でリンクさせる新たな仕組みを創り出していく、日本で初めての「食物ロス」撲滅推進団体を目指します。

「ジャパン・フードバンク・リンク」から、「ジャパン・フード・リンク」へ、これからも、JFLは“食物ロスのない世界”を実現するトップランナーを目指します。

ご支援・ご鞭撻のほど、心よりお願い申しあげます。

理事長経歴

1981年 広島大学政治経済学部経済学科卒業
1981年 株式会社リクルート入社後、第二電電株式会社(現KDDI)、株式会社パナシス、株式会社ビィワンファクトリー、株会社エスコ を経て
2005年 株式会社環境経営戦略総研
(現 株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ)代表取締役
2015年 事業構想大学院大学「電力自由化・地域エネルギー」研究員
2015年 株式会社エネルギーマネジメント総合研究所設立 代表取締役
2016年 一般社団法人ジャパン・フードバンク・リンク(JFL)理事長

参考人招致

  • 経済産業省電力需給調整委員会(2回)
  • 参議院議員経済産業委員会(1回)

著書

  • コピー用紙の裏は使うな!-コスト削減の真実!-(朝日新書)
  • コスト削減の教科書(ダイヤモンド社)
  • 小売業の節電マニュアル-エコとの合わせ技で会社が強くなる!-(商業界)
  • 廃棄物ビジネスの変革者たち(環境新聞社) 他著書全13冊
  • コピーは使うな!-コスト削減の嘘-(刊行予定)

受賞歴

2007年 アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー ファイナリスト受賞
2008年 『コピー用紙の裏は使うな!』『金書奨』(台湾)受賞
[台湾の経済産業省が主催する書籍の大賞(経済書部門No.1)]